ロン毛の癒しはアコースティックの奏で?

モギャの癒やし

MASATOSHI TAKEDA~癒しギターの帝王~

  • 『ロン毛の癒やしとギターの奏で』

今回は、私の友である【MASATOSHI TAKEDA】について紹介させて頂きます。
知る人ぞ知る、未知の演奏者ですね。
正直、文面で彼を紹介するのは無理なような気がしますが…出来る限り彼の魅力を紹介して行きたいと思います。
ホチテキメニュー

  1. Masatoshi Takeda
    プロフィールから研究
  2. 写真を見てみよう
    特徴を覚えよう
  3. 動く動画を検証
    彼の魅力について
  4. まとめ
    彼の空気間に癒やされます

1.Masatoshi Takeda


~アコースティック演奏者 プロフィールから研究~

まずは、彼のオフィシャルサイトからプロフィールを見てみましょう。
※HPのリンクはコチラから

武田昌俊 (たけだ まさとし)
1986年生まれ。
幼少の頃にピアノを大野木明子氏に師事。
以後いろんな音楽に触れて育つ。
高校で音楽部に所属し、合唱やバンド活動を積極的に取り組む。
そんな中で、フィンガースタイルギターの演奏に衝撃を受け、自身今までピアノを中心に活動していたが、高校卒業後はアコースティックギターに転向。ソロギターの演奏を中心に活動。
2013年には吉川忠英氏のライブでオープニングアクトを務める。
2015年にはグラミー賞アーティスト、エド・ガーハード氏のオープニングアクトを務める。
現在、アコースティックギタリストとして演奏並びにギター講師としても活動中。

▼名前
上記内容は彼のオフィシャルサイトからコピーしてきました。
本名は【武田昌俊】・・・渋い・・侍を思わせる名前ですね。
(さすらいのギターリスト)そう思って彼の写真を見てみましょう…

背景が江戸の町並みでもなんの違和感もない。
彼のライブイベントでは是非、江戸の町並みを想像してみてください。

▼歳
1986年・・・・?!!!!!!!!!
今年で31歳になります…この辺は、少しサバをよんでいる可能性が有りますね。
写真を見ますと、この貫禄です。話してみるとわかりますが、何千年も世の中を見てきたような余裕も見えます。
この辺は、皆さんで本人に確認して見てください。
『本当は何歳なんでしょうか?』と!きっと苦笑いをしながら【31です・・・】と返してくれることでしょう。

逆に考えれば、31歳でこの世界観を出せるのですから…只者じゃないですね。
ますます、彼の魅力が気になり、今後目がはなせません。

▼ピアノ演奏者だった・・?
あれ?ギタリスト…?
幼少時はピアノ演奏者として音楽に触れていた。
との事です。
それは・・是非見てみたいです。
かなり、探しました。写真もなく、本人にも連絡が取れず…本人のユーチューブ初期の頃まで逆上るとありました!ピアノ演奏の動画です。
一度、見てみましょう。

衝撃です、小学校の音楽室で見たことが有ります。
いや、滑らかであって彼独特な演奏です。ギターだけではなくピアノの世界観、是非機会があれば生で演奏を聞いてみたいですね。

▼ギター人生スタート
高校卒業後はアコースティックギターに転向
とあります、社会人からギターと、様々な音楽・いろんな人達と今のマサトシが出来上がってきたんですね。
ソロではもちろん、コラボ演奏などいろいろな角度から今後見てみたいですね!

2.Masatoshiの写真を見てみよう


特徴を覚えればひと目でわかります

【髪です。】

Masatoshiの特徴は髪です。
髪がロン毛のギター演奏者はMasatoshiです。話しかけてみましょう!。

3.動画で見る MASATOSHI


映像でも引き込まれる魅力

イベントに一度でも行ったことのある人ならMasatoshiの魅力・空気感を感じることができるかもしれませんが、動画ではどうでしょう。
動画を見てみましょう。

画面越しにもMasatoshiの世界観が伝わりますね。
ぜひ、イベントなどにも足を運んでみてください。

4.まとめ


いかがだったでしょうか?
Masatoshiの魅力について記事を書いてみました。
文章では、彼の世界観を表現することはできませんでしたが、少しでも彼の事を知ってもらえたら幸いです。

Hochi-Kissでは、彼に動きがあればまたお伝えできたらと思います。

ぜひ、彼の事を広めてください。
シェアよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
田舎のカメラマン!苦手なブログを更新中。 写真撮影から、小ネタまでブログ更新を頑張ります!

返信する